痛くない・丁寧な治療、患者さんのことを考えた治療、歯でお悩みの方はぜひ当院へ!

小児矯正治療

小児矯正治療は、ただ歯を動かすだけではありません。顎の成長途中の子どもの頃から矯正を始めると、顎の成長をうまくコントロールする事が可能になり、キレイに仕上がる・抜歯する可能性が低くなるなどのメリットがあります。上下の顎の位置がずれることによって起こる受け口などの症状は、乳歯のはえている早い時期からの治療が効果的です。早い時期に矯正を始めると、顎の成長を適切に誘導しながら治療を進めていくことができるので、より永久歯が生えるときに正しい咬み合わせにできる可能性が高くなります。

一期治療と二期治療について

一期治療では、土台となっている骨格の問題を解決して、成長の軌道修正をし、思春期成長期に骨格の問題が大きくならないようにします。成長終了後、二期治療(歯並びの仕上げ治療)に入っていくのですが、大きな問題が一期治療で取り除かれているので、より簡単に綺麗な歯並びへ仕上げる事ができるのです。こうして2段階の矯正治療を行うことで、抜歯や外科的強制治療の確立が少なくなります。なかには一期治療だけで治療終了となるケースもあります。

一次治療と二次治療

顎顔面矯正

不正咬合は発育の異常です!発育期に治療することが重要です。

顎顔面矯正法とは顎の骨全体を広げていく矯正法です。
矯正装置を使い、顎と顔面の骨そのものの発育の遅れ(発育不全)を取り戻し、健康な体をつくると共に体本来の正常な機能、正常な発育を促すことで、結果として不正咬合を防ぎ正常な顎顔面と良い歯並びを造る治療方法です。
単なる抜歯をして見た目の歯並びのみを整えるワイヤー矯正だけではなく、歯並びを根本から治療し、体そのものを健康にし、機能的で美しい咬み合わせを作る矯正です。
発育途上のお子様には有効な治療法で、正常な成長を助けることによって綺麗な歯並びを手に入れることが出来るでしょう。

矯正治療におけるリスク・副作用

  • 矯正治療中に装置が当たることで頬の内側に傷がついたり、口内炎になったり、歯の移動に伴う痛みを感じることがありますので、必要に応じ歯科矯正用ワックスで対処する場合やその他の対処策を行う場合があります。
  • 舌の動きがスムーズにいかない場合がありますが、数ヶ月で慣れることが多いです。
  • 装置の装着中は発音しづらいことがあります。
  • 矯正装置を装着した直後や、ワイヤーを交換した直後に痛みを感じることがありますが、数日でおさまる場合が多いです。また、冷たいものを飲んだときにしみる「知覚過敏」があらわれる場合がありますが、基本的には数日で改善されます。長期間痛む場合は、歯科医師に相談しましょう。
  • 矯正装置には金属素材が使用されています。金属アレルギーがある方、不安がある方は、皮膚科で行われているパッチテストなどをうけて、アレルギー源を特定し、歯科医師に伝えて下さい。矯正装置を装着した後に、皮膚や口腔の粘膜にアレルギー症状が起きた場合は、速やかに歯科医師の指示を仰いで下さい。
  • 矯正終了後に矯正箇所が元に戻る場合もあります。その程度に個人差があります。
  • 矯正終了して数ヶ月から数年経過すると噛み合わせが悪くなる場合があります。噛み合わせが悪くなると、咀嚼障害、頭痛、肩こりを招く事があります。また、噛み合わせのバランスが崩れることで、口が大きく開かない、食事を噛む時に痛みが出る顎関節症を発症する場合があります。他にも自律神経失調症になることもあります。噛み合わせが原因の場合は、噛み合わせの治療を行います。

矯正治療費用(税込み)

一期治療 二期治療
矯正診断料 33,000円 33,000円
装置代 275,000円~385,000円 550,000円
調整料 3,300円 3,300円
その他必要に応じて
オペ等が必要な場合 165,000円

▲ページの先頭へ戻る

伊藤歯科医院

診療時間